Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ウェビナー&講義

3D非接触表面測定が積層造形プロセスをどのように改善できるか

ウェビナー&講義
Sales Support Specialist, BSc in Engineering Physics, MSc in Nanoscience and Nanotechnology at Sensofar Metrology | Other articles

David studied his bachelor’s degree at the Polytechnic University of Catalonia (UPC), where he started to work as a Research Assistant in the Department of Physics. Once he finished his master’s degree at the University of Barcelona (UB) he entered into the world of optical metrology joining Sensofar. As a Sales Specialist, he communicates Sensofar’s knowledge about optical metrology and trains our customers on how to extract the full potential of our systems. If you need him, he’ll probably be in our demo room measuring samples or performing live demonstrations.

アディティブマニュファクチャリングは、製造の多くの分野ですぐに受け入れられるプロセスになりました。 機能が改善された複雑な設計は、従来の減法および形成プロセスに取って代わり、加法法を使用して簡単に作成できます。 ただし、これらの付加的に製造された部品は、新しい計測上の課題を提示します。

アディティブマニュファクチャリングは、印刷技術、使用される材料、およびプロセスパラメータに応じて、独自の表面テクスチャを備えた部品を製造します。 これらのサンプルの測定には、従来のコンタクトスタイラスから高度なX線コンピューター断層撮影まで、さまざまなテクノロジーが使用されています。

このウェビナーでは、特定の非接触3D光学計測技術が、付加的に製造された部品の形状とテクスチャの特性評価のための完全なソリューションをどのように提供できるかを示します。 ケーススタディを通じて、完成時から後処理済みのサンプルを測定および分析する方法を示します。

重要なトピック

  積層造形プロセスは3D光学計測からどのように利益を得ることができますか?

  積層造形部品の表面テクスチャ測定に最もよく使用される手法の比較

  テクノロジーの選択

  積層造形部品の形状と表面テクスチャを特徴付ける方法

  R&Dと品質管理のための完全なソリューション

ウェビナーを視聴するために登録する

 プライバシーポリシーと利用規約に同意します。(*)


* データ管理者: SENSOFAR。 目的: ユーザーの要求に応える。 合法化: 利害関係者の同意。 同意: 法的義務がある場合を除き、お客様のデータは第三者に譲渡されず、お客様がデータのキャンセルを要求しない限り保持されます。 権利: アクセス、修正、移植性、異議申し立ての権利、または該当する場合は処理の制限および/またはキャンセルの権利を行使することができます。 治療が現在の規制に準拠していないと思われる場合は、管理当局に請求を提出できます。(www.aepd.es). 追加情報: Privacy Policy.

Additive manufacturing webinar