Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ウェビナー&講義

トライボロジー、効果的な表面形状測定 ー ビデオ

セールスサポートスペシャリスト、光学物理学理学士、ナノサイエンス・ナノテクノロジー理学修士 at Sensofar Metrology | Other articles

カタルーニャ工科大学(UPC)で学士号を取得。同大学物理学部に研究アシスタントとして勤務。バルセロナ大学(UB)で修士課程を修了した後、Sensofarに入社し光学測定の世界へ入る。セールススペシャリストとして、Sensofarの光学測定に関する知識を伝播し、Sensofarのシステムの可能性を最大限に引き出す方法について顧客にトレーニングを提供している。通常はSensofarのデモルームでサンプルを測定したり、ライブデモンストレーションを実施している。

このウェビナーでは、接触式スタイラスによるプロファイルRa分析からSa光学式面領域分析への移行による粗さの特性評価に関する知識を広げることができます。

摩耗、摩擦、腐食…Sensofarの形状測定装置で測定できるトライボロジーテストの特性評価が可能なパラメータについて議論します。

サンプルから除去された材料の量を3-in-1テクノロジーですばやく簡単に測定する方法を学ぶことができます。

品質管理と品質保証の面において、使用前と使用後に表面の摩耗を測定できることが非常に重要です。

重要なトピック

  トライボロジー応用に適用される3-in-1形状測定テクノロジーの利点

  摩耗量をすばやく正確に測定する方法

  プロファイル分析と比較した面領域粗さパラメータを使用する利点

ウェビナーを見る

Webinar firearmsWebinar Archaeology Paleonotology