Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ウェビナー&講義

HR光学式3D表面形状測定を使用した定量的測定と自動弾丸比較 ー ビデオ

ソフトウェアバイスプレジデント、物理学博士(光工学)、通信技術工学、電子工学) at Sensofar Metrology | Other articles

2004年よりSensofarの役員。\n豊富な経験を有する研究開発スペシャリストであり、1996年からCD6で研究開発エンジニアとして勤務。2001年のSensofar Tech SL創設以降ソフトウェアマネージャーを経て2017年にソフトウェアバイスプレジデントに就任。光学測定、表面形状測定、画像処理、コンピューターサイエンスを研究分野とする。2010年より銃器分析における3Dトポグラフィー分析の利用法の開発に携わる。

一般に銃器・工具痕鑑定の目的は、定量的で客観的な情報を提供して検査官の繰り返しのケースワークを支援することです。

弾丸表面の3D表面測定によって、あらゆる2つの表面間で定量的・数学的な比較が可能となり、定性的情報を提供する従来の比較顕微鏡や3Dバーチャル顕微鏡を補完することができます。

ウェビナーを見る

Webinar tribology