Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

News

銃器・工具痕鑑定分野におけるSensofar

ニュース, 計測学

The Association of Firearm and Tool Mark Examiners- FBI Academy, Quantico, VA 2019年11月7日
写真上

Sensofar は近年、FBIやNISTなどが開催するさまざまな技術カンファレンスや実践的なワークショップ (ENFSI 2019TWG3D2T (&3DED)、 AFTE 2019) に参加して、銃器・工具痕鑑定の科学界で、3D光学式形状測定装置の必要性を積極的に強調しています。

fbi-academy_cristinacadevall_crop
Cristina CadevallVP Software in Sensofar Metrology, during the TWG3D2T event

警察も3D技術の採用を検討しています

弊社は、現在のユーザーと継続的な対話を持ち、主として重要なニーズの特定と標準作業プロトコル(SOP)の策定を目指しています。既存のAutomatic Ballistic Identification System(ABIS:自動線条痕鑑定システム)とは異なり、光学式形状測定装置は専門捜査にオープンプラットフォームを提供します。 Sensofarの共焦点法 AiFV (アクティブ照明焦点移動法)技術に弊社の客観識別アルゴリズムを組み合わせることで、 Sensofar は比較顕微鏡における卓越性を実現します。
測定値はOpen Forensics Metrologyコンソーシアムが定義するx3p形式で保存でき、各研究所におけるさまざまな装置で取得した3Dスキャンを自由に変換して比較できます。

toolmarks-measurements4
toolmarks-measurements3
3D measurements of a SRM 2460a reference bullet

1回の走査で複数のユーザーが別拠点から同時にデータを解析

Sensofarの3D光学式形状測定装置の速度、精度、汎用性と、弊社の科学捜査向けソフトウェアSensoCOMP1とSensoMATCH2により、 Sensofar は科学捜査研究所に最適なソリューションを提供します。

この分野における弊社の次のステップ:

   特別なトレーニング ―法執行機関に対して提供(バーチャル顕微鏡、客観識別)。

   新しいアプリケーションの開発―Sensofarの強みである高い汎用性とクライアントへの適合性を考慮。

   特別なセクションを 弊社のウェブサイトに 掲載(予定) ―銃器・工具痕鑑定分野におけるSensofarの製品ソリューションを詳しく掲載。このセクションには特別な資料、実際のケーススタディ、ウェビナー、この分野向けに作成したサンプルの3Dスキャンのショートビデオなどを含む。

**SensoCOMP1は、Sensofarの3Dバーチャル顕微鏡用ソリューションです。SensoCOMPは、X3P、PLUX、SUR形式でトポグラフィーを読み込めます。SensoCOMPは、簡単にダウンロードできるフリーウェアのソフトウェアです。

**SensoMATCH2は、相互相関関数(CCFmax)を計算するためにIC表面のペアを数学的に分析し、各表面から平均プロファイルを抽出することで、工具痕の比較作業を合理化します。それぞれの弾丸ペアに対して1つの総合スコアが計算されます:シーケンス平均最大(SAM)。

Leave a comment

Sensofarは地球を大切にします