Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ウェビナー&講義

HR光学式3D表面形状測定を使用した定量的測定と自動弾丸比較

ウェビナー&講義
Vice-president Software, Ph.D. in Physics (Optical Engineering), Technical Engineering in Telecommunications, Electronic Engineering at Sensofar Metrology | Other articles

Partner at Sensofar since 2004.
Experienced Research & Development Specialist, Cristina works at CD6 as R&D Engineer since 1996 and she is Software Manager at Sensofar Tech SL since it’s foundation in 2001 and VP Software since 2017. The research interests include optical metrology, surface metrology, image processing and computing sciences. Since 2010 she is developing the use of three-dimensional (3D) topographical analysis in firearms analysis.

一般に銃器・工具痕鑑定の目的は、定量的で客観的な情報を提供して検査官の繰り返しのケースワークを支援することです。

弾丸表面の3D表面測定によって、あらゆる2つの表面間で定量的・数学的な比較が可能となり、定性的情報を提供する従来の比較顕微鏡や3Dバーチャル顕微鏡を補完することができます。

ウェビナーを視聴するために登録する

 プライバシーポリシーと利用規約に同意します。(*)


* データ管理者: SENSOFAR。 目的: ユーザーの要求に応える。 合法化: 利害関係者の同意。 同意: 法的義務がある場合を除き、お客様のデータは第三者に譲渡されず、お客様がデータのキャンセルを要求しない限り保持されます。 権利: アクセス、修正、移植性、異議申し立ての権利、または該当する場合は処理の制限および/またはキャンセルの権利を行使することができます。 治療が現在の規制に準拠していないと思われる場合は、管理当局に請求を提出できます。(www.aepd.es). 追加情報: Privacy Policy.

Dental implants webinarWebinar semiconductors microelectronics industries