Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

News

HR光学式3D表面形状測定を使用した定量的測定と自動弾丸比較

ウェビナー&講義
Sensofar_web_webinars-03

HR光学式3D表面形状測定を使用した定量的測定と自動弾丸比較

一般に銃器・工具痕鑑定の目的は、定量的で客観的な情報を提供して検査官の繰り返しのケースワークを支援することです。
弾丸表面の3D表面測定によって、あらゆる2つの表面間で定量的・数学的な比較が可能となり、定性的情報を提供する従来の比較顕微鏡や3Dバーチャル顕微鏡を補完することができます。

さらに、弾丸表面の正確なトポグラフィー測定法と個々の特性を抽出して2つの弾丸の総合比較スコアを計算する方法を提供します。
これにより、多数の弾丸の自動比較処理が可能となり、比較スコアにフィルタをかけて一致する可能性の高い弾丸のリストを検査官に提供できます。

Leave a comment

Contact Us

How can we help?

featured-image_webinar swide