Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ケーススタディ

乾式電解質研磨プロセスの特性評価

ケーススタディ, ツーリング, マイクロ製造
| Other articles

GPAINNOVAは、2013年にバルセロナに設立され、マイアミ(米国)、香港、深セン(中国本土)に子会社を持ち、表面金属仕上げ機械、医療機器、無人表面車両、高性能パワーエレクトロニクスを専門とするテクノロジー企業です。同社は、2020年、2021年にフィナンシャル・タイムズ紙が発表した「最も急成長する欧州企業1,000社」に選出されました。

GPAINNOVAでは、S neox Five Axisを特に使用して、研磨プロセスの品質を定量化し、DLyteで研磨した後のサンプルの粗さの減少を報告します。

GPAINNOVAは、製造チームが高品質の金属表面を製造する方法を刷新しています。DLyteシリーズのマシンは、特許取得済みのDrylyteテクノロジーに基づいています。これは、業界向けの金属合金の表面仕上げのソリューションを提供する最初の乾式電解研磨プロセスです。用途は、研削、丸み付け、バリ取りから、美的部品の表面平滑化や高フロス研磨まで多岐にわたります。SensofarのSneox Five Axisを使用すると、現在の表面仕上げソリューションで最高品質の結果を得ることができます。

GPAINNOVAでは、Sensofar S neox Five Axisを特に使用して、研磨プロセスの品質を定量化し、DLyteで研磨した後のサンプルの粗さの減少を報告します。サンプルは、非常に粗い積層造形部品から鏡のような表面までさまざまですが、フォーカスバリエーション、共焦点、干渉法などの技術の多様性のおかげで、Sensofarシステムですべてを測定できます。
以下は、DLyteの機能のほんの数例です。DLyte研磨の前と後のCoCrで作られた大腿骨コンポーネントが示されています。

cs22-gpainnova-polishing-process-2

Sensofarシステムを使用する前は、コンタクト スタイラス プロフィロメータを使用しており、プロファイルパラメーター(Ra、Rz、Rqなど)のみを得ていました。Raが最も使用されるパラメータであるという事実にもかかわらず、Raは表面の空間構造に関する情報を提供しません。しかし、これからは、Sensofar計測技術により、Raの表面への拡張であるSaなどの表面パラメータを測定できるようになりました。Saは、サンプルの表面を考慮してその粗さを測定するため、Raよりも優れた表面の特性評価を可能にします。面積を測定する主な利点は、より広い面積をスキャンし、サンプルのより良い概観として数ミリメートルのサイズの表面を生成し、より信頼性の高い値を取得できることです。三次元表面性状パラメータは、ISO 25178規格(表面性状の基礎の再定義と見なされます)に従って計算され、次のパラメータで構成されます。Sa、Sq、Ssk、Sku、Sp、Sv、Sz。

以下の測定値は、干渉法を使用した50倍のDI対物レンズで得られたものです。これにより、前に示した大腿骨コンポーネントのサンプルのような鏡のような表面を測定できます。

cs22-gpainnova-polishing-process-3

S neox Five Axisを使用することで、研磨プロセス後の表面粗さが減少していることがわかるだけでなく、Drylyteテクノロジーにより研磨された部品の公差の維持を実証することもできます。以下に、この場合はフォーカスバリエーション技術を使用した、加工部品の形状の測定例を示します。

cs22-gpainnova-polishing-process-4

見てわかるように、干渉法で撮影された白黒画像とカラーマップ画像により、0.05 µm未満のSaパラメータで定量化されたDlyteプロセス後のサンプルの表面粗さの減少が示されています。

さらに、形状の維持は、Aiフォーカスバリエーション技術を使用した補完的な形状測定によって実証されました。S neox Five Axisは、私たちの測定ニーズに完全に適合する多用途の計測ツールであり、これからDlyteの研究室で役立つツールになります。

関連製品

cs21 Linkam - シリコンウェーハ Htribological coatings