Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ケーススタディ

Verifying a mould’s dimensions for
a RF tag printed by inkjet
When using functional inks with inkjet technologies
to create microelectronic devices, there’s a need to verify
any differences between the desired design and what’s
actually printed.

インクジェットRFタグ印刷の金型寸法の検証

消費者エレクトロニクス, ディスプレイ, ケーススタディ, ディスプレイ, 消費者エレクトロニクス

Sensofarの3D光学式形状測定装置を使用して、金型の高さを確認し、性能に要求される導電性を達成するために十分なシルバーバルクのレイヤがあるかを計算することができます。

インクジェット技術で機能性インクを使用したマクロエレクトロニクス機器の製作では、要求されるデザインと実際の印刷の違いと、印刷レイヤの高さと形状が最適な装置構成と機能性を満たしているかを検証する必要があります。

cs3 CNM - RF tag 1
図1. アンテナの金型

Roger Escudé

National Microelectronics Centre (CNM)

pdf_download_icon

アンテナの金型には5つの谷部を形成する4つの山部があり、シルバーのインクが注入されます。 各金型の山部は幅600 µm、高さ15 µmです。

cs3 CNM - RF tag 2
図2. アンテナ成形のためにシルバーのインクを注入したアンテナの金型の詳細画像
cs3 CNM - RF tag 3
図3. 金型とアンテナの山部の詳細画像

この装置は、ハンドペーパーにタグを印刷するハンドペーパーディスペンサー上の大腸菌の測定を目的としています。アンテナは、微生物検出センサーのように動作するインターデジタルキャパシターに接続されます。変化があると、キャパシターの値がアンテナ共振周波数に影響します。これらの可変要素はRFトランシーバーで簡単に測定できます。

現在、この種の装置には接触式形状測定装置が使用される傾向にありますが、その測定では必要な精度が得られません。

Sensofarの3D光学式形状測定装置を使用して、金型の高さを確認し、性能に要求される導電性を達成するために十分なシルバーバルクのレイヤがあるかを計算することができます。

cs3 CNM - RF tag 4
図4. PEN基板に印刷されたアンテナ金型の3Dトポグラフィーとアンテナ金型のプロファイル

共焦点法と20倍明視野対物レンズを採用するSensofar Plμ neoxを使用し、RFアンテナの形状が基準を満たし、適切なシルバーのレイヤを有することを検証することによって、適切な導電性が確保されました。

Sensofarの設備は、共焦点法、干渉法、焦点移動法に基づく非接触3D表面形状測定装置を提供し、高速かつ非破壊的な方法で高解像度測定が可能であり、また、使いやすいソフトウェアが技術的なサポートを提供します。

cs3 CNM - RF tag 5
図5. 金型詳細を示す3Dトポグラフィー

Barcelona Microelectronics Institute(IMB)は、National Microelectronics Centre(CNM)のバルセロナ拠点であり、スペイン国立研究協議会に所属しています。IMB-CNMは、マイクロ・ナノテクノロジー、コンポーネント、システムにおける教育やトレーニングに加え、基礎および応用研究開発に焦点を当てています。この分野における知識を広げ、現代社会が直面する課題を解決するために、これらの技術に基づくソリューションや新製品の導入に貢献することをミッションとしています。

関連
製品

関連製品

cs5 Univeristy of Malta - floating PVs Hcs8 Microrelleus - functional texturing H