Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ニュース

科学捜査用途のための非接触光学計測

ニュース, 製品, 計測学

科学捜査検査における共通タスクは、犯罪現場で見つかった弾丸を特定の銃器に関連付ける作業です。銃の銃身内部の旋条により、発射プロセスの際に線条痕が弾丸に刻まれます。これらの痕は、嫌疑のかかっている銃器から特定の弾丸が発射されたかどうかを判断するための詳細な情報が得られます。

伝統的に、熟練した科学捜査科学者は、未知の証拠の弾丸と既知のテスト発射弾丸のパターンの一致に関して、比較顕微鏡で主観的結論を引き出します。以上の結論について科学的基盤を強化するため、Hoover(AL、USA)に拠点を構えた Alabama Department of Forensic Sciences(ADFS)の研究者達は、Sensofar(バルセロナ、スペイン)の最適化した PLu neox 光学プロファイリングシステムを利用しました。PLu neoxは、共焦点技法と干渉法技法の両方を組み合わせて、弾丸表面のマイクロジオメトリーとナノジオメトリーの測定値を短時間に高い信頼性で非侵襲的に入手できる柔軟性に富んだ理想的ツールを構成するデュアルテクノロジーセンサーヘッドを備えています。

弾丸表面の特徴を客観的に比較するため、カスタマイズした、科学捜査特有のユーザーフレンドリなソフトウェア拡張機能を、PLu neoxシステムのSensoMAPソフトウェアに設計しました。比較品質に関する結論は、NIST(National Institute for Standards and Technology、USA)で値が採用された後にモデル化される客観的な1つの相関値から導き出されます。

弾痕比較のためのこの新しいスキームは、二次的に利用される科学捜査研究設定を補完する働きがあり、ケースワーク分析を確認するための独立した技術的アプローチです。このテクノロジーでは、独立した客観値の関連付けによりケースワークの判定が強化され、実施するすべての分析の信頼性レベルが高くなります。ISO仕様準拠のPLu neoxシステムによる広範囲におよぶ精度と再現性テストは実行済みであり、この機器を科学捜査の研究室環境に実装することの実用性を立証しています。

連絡先  AAFS

2013年2月18日から23日、マリオットワードマンパークホテル、ワシントンDC、アメリカ合衆国USA