Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ニュース

Sensofarは科学的計測コミュニティに新たな貢献をしています

カテゴリーなし

Sensofar Metrologyの新しい論文

今年、SensofarのR&A; D部門はさらに2つの論文に取り組んでおり、間違いなく光学計測の分野で大きな関心を集めています。
最初のものはセンソファーで完全に内部開発されました。それは私たちの同僚によって提示されますレナ・ジュコワオン4月6日が主催するカンファレンスで  フランスのストラスブールにあるフォトニクス・ヨーロッパ。

このプレゼンテーションの詳細は次のとおりです。

logo-spie

SPIEフォトニクス
4月6日(水)午後4:10、Cassin、Niveau/レベル1

テクニカルイベント:SPIE Photonics Europeプログラム
構造化照明を使用した表面計測のための超解像3 D光学プロファイリング
発表者Lena Zhukova, MSc (R&A; D)
要約イメージング共焦点顕微鏡などの3 D表面計測のための光学技術の分解能は、軸方向および横方向の分解能の両方を制限する光の回折によって基本的に制限されています。この制限により、ナノメートル構造を有する試料の表面地形の取得が不可能になります。この限界を克服するために、構造化照明顕微鏡法(SIM)などの超解像技術が開発されており、従来の光学顕微鏡に対して小さすぎる構造を解像度することを可能にし、横方向の解像度を最大2倍に向上させることができます。SIMは、高周波情報を回復するために等間隔の位相シフトを有する周期的な縞の形態の構造化照明の投影、及び超解像画像を構築するために取得された画像の後処理に依存します。LEDと組み合わせたデジタルマイクロミラーデバイス(DMD)を使用して構造化照明を生成することができ、フリンジ周波数と位相シフトの正確な制御と安定性を提供します。さらに、投影されたパターンは、その軸方向走査を通じて試料の合焦領域内でのみ良好にコントラストされるため、走査された表面の光学的切片化が提供されます。3 Dサーフェイスを再構築するために、光学式形状測定装置はこの光学断面機能を利用して、各ポイントで軸方向スキャンを通じて最大信号を局所化します。レーザー干渉に基づくSIMは、軸寸法を超解像するために使用されていますが、これはDMDアプローチでは不可能です。ここでは、DMDベースのSIMを使用して、表面計測内の目的の構造を横方向に超解像するプロファイラの能力を強化する方法を探ります。DMDベースの光学式形状測定装置を修正して、画像スタックの横方向の超解像を可能にし、3 D表面再構成の品質を向上させる方法を探ります。このため、超解像画像と異なる光学断面技術を組み合わせ、器具伝達関数(ITF)の特徴付けを介して地形詳細の横方向の解像度を評価します。

プレゼンテーションの完全な情報は、SPIE Photonics Europeプレゼンテーション[wp – svg – icon icon =” redo -2 “wrap =” i “]

論文の全文は、近日中に公開予定Sensofar論文[wp – svg – icon icon =” redo -2 “wrap =” i “]

Sensofarでは、品質方針の中核として継続的な改善を約束します。私たちの分野では、常にテクノロジーと研究へのコミットメントが見られます。私たちの目標はグローバルスタンダードであり、それを達成するまで休むことはありません。

2番目の論文は、Sensofarと私たちのパートナーであるノッティンガム大学、測定における光学計測の重要性を示すAdditive Manufacturing.

詳細はまもなく公開されます。

Sensofarの2020年シーズンのご挨拶Characterizing form deviation and surface texture changes in additive manufacturing.