Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ケーススタディ

手持ち型機器の過渡振動の伝播に関する有限要素解析 

医療機器, トライボロジー, ケーススタディ, トライボロジー, 医療機器

弊社はこのデータによってFEAで活用できる皮膚の簡易モデルの作成に成功しました。

測定サンプルは指先の皮膚の復元を使用しました。このケースでは、測定中に指先を完全に静止状態で保持することが困難だったため、復元を測定するという間接的な方法を使用する必要がありました。この目的は、皮膚の微小形状の情報を取得して簡易仮想モデルを作成することでした。このモデルは、インパクトレンチや電動チゼルなどの手持ち型機器によって、皮膚から神経まで伝わり損傷を起こす過渡振動の伝播に関する有限要素解析(FEA)で使用することを想定しました。この振動は、よくある職業病の白蝋病と呼ばれる障害を引き起こすことがあります。政府出資のこのプロジェクト以前には、皮膚の微小形状はこの目的で使用するものとして位置付けられていませんでした。

Johan Berglund
、Hans Lindell

SWEREA

pdf_download_icon
cs1 Swerea - fingerprints 1
図1. 皮膚の全体画像(青色の長方形内)
cs1 Swerea - fingerprints 2
図2. 5x9 mmの拡張測定
cs1 Swerea - fingerprints
図3. SensoMAPの高度輪郭モジュールを使用したサンプル形状評価例

弊社は共焦点法、20倍明視野対物レンズ、拡張測定を使用して、大きさ、高さ、隆線と皮膚の皺の分布に関する全体的な結果を導き出す十分な解像度と信頼性で皮膚形状を測定することができ、このデータによってFEAで活用できる皮膚の簡易モデルの作成に成功しました。

詳しくは、 手持ち型機器の振動の減衰。非線形動吸振器の応用。をご覧ください。

Swerea IVFは、製品、工程、生産開発に焦点を当て、新技術や新しい方法を実用化する高度な研究とコンサルティングサービスを提供する研究機関です。また、Swerea IVFは、材料特性やセラミック、ポリマー、布などの材料の応用に関する高い専門性を有します。Swerea IVFは、産業リニューアルや持続可能開発を追求するスウェーデンの研究グループSwereaグループに属し、材料開発、生産開発、製品開発の分野において、調達、開発、研究結果の普及を行っています。

関連
製品

関連製品

cs4 PACEA - ochre pieces H