News

3D銃器識別における前進

弾丸とカートリッジケース表面の3次元測定により、3Dバーチャル顕微鏡を実現し、検査官は、独自のソフトウェアアプリケーションを使用することで、測定された物体の3D表示を可視化および操作できます。このテクノロジーは、質的な情報を提供して検査官のルーチンケースワークを支援することで従来の検査を補助します。

加えて、2つの測定表面間での客観的かつ定量化可能な数学的比較手段を確立/開発することが可能となるため、銃器検査官による主観的な結論を補うことができます。

3D光学形状測定装置は、閉鎖的な3D弾道識別システムに対する開かれた代替選択肢となります。測定は、Open Forensics Metrology共同体が定義するx3p形式で保存でき、それぞれの研究所の異なる装置で取得された3D測定を自由に変換して比較が可能です。

既存の弾道識別システムとは対照的に、この光学形状測定装置は銃器とツールマークの専門家検査に向けたオープンプラットフォームを提供します。

光栄なことに、Sensofarは、FBIとNISTとのパートナーシップにおいてAFTE 2018での技術会議とハンズオンワークショップに貢献しています。

Sensofarは、弾丸とカートリッジケースの自動3D測定用の新しいツールを発表します。

 

SensoCOMP

SensoCOMPは、Sensofarの3Dバーチャル顕微鏡用ソリューションです。 SensoCOMPは、X3P、PLUX、SUR形式でトポグラフィーを読み込めます。  SensoCOMPは、簡単にダウンロードできるフリーウェアのソフトウェアです。

 

SensoMATCHベータ

SensoMATCHは、相互相関関数(CCFmax)を計算するためにIC表面のペアを数学的に分析し、各表面から平均プロファイルを抽出することで、弾丸比較作業をストリームライン化します。

分析をシンプルにするため、各弾丸ペアに対して単一の集成値が計算されます:シーケンス平均最大(SAM)。

SAMは、弾丸とユーザー指定しきい値(一致を素早く簡単に識別するために使用)との間の明確な一致識別を提供します。

15 v. 20弾丸のJohn Hambyデータセット全体(10,800件の比較)を数秒内で処理可能であり、不明な各弾丸について識別された上位一致を示す結果が、スプレッドシートとして提示されます。

SensoMATCHは、3D表面計測に基づく弾丸比較における理想的な研究ツールとしても利用可能な追加機能も備えます。

SensoMATCHは、ベータ版テスターにのみ利用可能です。

 

4軸科学捜査モジュール

S neoxの5軸と4軸モジュールは、高度な検査と分析の機能を備えた高精度回転モジュールを組み合わせています。これにより、弾丸やカートリッジケースなどの円筒形オブジェクト周囲の定義済みポジションで自動3D表面測定が可能になります。また、フル3D表面測定も可能です。

これらのモジュールを備えることで、S neoxは、モーションシステムの能力を補足・活用するために設計された複数の特別な取得モードを統合します。マニュアルモードは、個々の視野(FOV)を高精度のポジショニングで測定し、またグリッドモードは個々のFOVを複数の異なる(横)ポジションでキャプチャできます。3Dモードは、STLまたはポイントクラウドファイル形式の3Dトポグラフィーを取得するための自動化手順です。両形式は数多くの3Dソフトウェア分析プラットフォームでサポートされています。

 

Contact Us

How can we help?