Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ニュース

欠陥ゼロ製造に関する工業ワークショップ

イベント, ニュース, 計測学

TecnaliaとIK4-IDEKOは、PhilipsおよびNTNU(ノルウェー科学技術大学)とともにクラスター 4ZDM(MIDEMMA、MUPROD、MEGaFiT、IFaCoM)を率いています。このクラスターは4つのヨーロッパプロジェクトにグループ分けされた8か国にある58の機関を統合し、’製造時欠陥ゼロ’ のパラダイムの実現につながるテクノロジー開発に取り組んでいます。

Sensofar Metrologyは、MIDEMMAプロジェクトに工業パートナーとして参加しました。MIDEMMA プロジェクトは、マイクロマニュファクチャリングにおける ‘欠陥ゼロ’ 実現のためのグローバルソリューションを提供します。その作業手法は、データが豊富な環境を創出するための、さまざまなプロセスモニタリングデバイスと技法の開発に基づいています。このデータ生成のおかげで、マイクロマニュファクチャリングプロセスで欠陥を防止できる適応プロセス管理手法と洗練された意思決定ツールを開発、採用することができます。

先週、このプロジェクトのリーダーは、高付加価値の工業製造プロセスに従事する会社に向けた工業ワークショップを立ち上げ、2つのプロジェクトにおけるさまざまな工業パイロット事例と開発したテクノロジーを紹介しました。テクノロジープロバイダーとしてのSensofarのサクセスストーリーの紹介者として、Sensofar MetrologyのAlberto Aguerri(セールスマネージャー)が選ばれました。続く2日間の最後に、プロジェクト終了ミーティングが開催され、Roger Artigas(プロジェクトマネージャー)が本プロジェクトの他の全パートナーとともに出席しました。

レーザー製造会社とダイヤモンド旋盤会社は、現在、高精度/精密計測システムを工作機械に組み込むときの問題解決に取り組んでいます。Sensofar Metrologyは、新しいコンパクトな軽量3D光学形状測定装置を開発しました。この装置は、共焦点法テクノロジーと干渉法テクノロジーを統合して、寸法要件とフォーマンス要件を解決します。

Sensofarプロトタイプは、KALEIDO TECHNOLOGY(高表面精度の光学コンポーネント)とIK4-IDEKO(研究センター)という2つのベータテスターを基に、6か月にわたってテストを実施しました。

この問題が解決するやいなや別の問題が、現プロジェクトの別の産業パートナーCREATECH-MEDICAL(歯のインプラントと義歯)から寄せられました。その要件は、歯のブリッジスクリューの位置を2分未満で、10 µm精度で測定するというものです。

Sensofarは、焦点移動法テクノロジーの開発と、それをS neoxシステムに統合することを提案しました。このテクノロジーでは、傾斜角の大きい表面を、広い垂直範囲で高速測定できます。この開発の結果、歯のブリッジ全体を2分未満(10秒/スクリュー)で測定できました。

この成功事例により、Sensofarは、さらに、このテクノロジーをそのS neox 3D光学形状測定装置ラインに統合することを計画しました。