Start typing and press Enter to search

This website does not support Internet Explorer. For a correct visualization we recommend to use Microsoft Edge or Google Chrome.

ニュース

常に前進を続ける

イベント, ニュース, 計測学

Sensofar R&Dは、そのノウハウ、テクノロジー、システム性能を常に成長させています。 こうした開発は、科学計測学コミュニティ内やその目的のためにSensofarが実施する継続的な活動によって実証されています。

米国のサンフランシスコで間もなく開催されるSPIE Photonics West会議において、この実績を明確に示す2つの論文が発表されます。

1月31日、午後3:50、252号室、論文101110-6

セッション2: 計測学、特性化、光子計測のファブリケーション

表面性状とコーティング厚の光ステント検査

発表者:Carlos Bermudez(R&D、博士論文提出志願者)

要約。 ステント品質管理は、クリティカルなプロセスです。ロータリーステージ、CMOSカメラ、トリプル照明アレンジメントで構成される高開口数ステント検査システムが開発されています。アウター、インナー、サイドウォール面の展開セクションが高分解能で取得されます。このシステムでは、コーティング厚も測定し、円筒補正されて、分光反射率測定と比較されます。完全に合焦した2D画像を取得するため、さまざまなフィルタリングテクニックと組み合わせた拡張被写界深度アルゴリズムが導入されており、その性能は秒あたり50フレームで200万画素を取得するCPUとGPU処理により評価されます。

2月1日、午後1:40、252号室、論文10110-22

セッション5: 光子計測の用途 III

「3D光学形状測定装置用バイオイメージングトランスファ標準のラウンドロビンテスト

発表者:Roger Artigas (CTO)

要約。 ヘルシンキ大学(UH)で開発および製作された階段室高バイオトランスファ標準(BTS)が2つの研究所で測定されました。このラウンドロビンテストは、BTSが異なる研究所の異なる光学形状測定装置で機能するかどうかを判断することが目的です。最初にUHにおいてカスタムビルトの走査白色光干渉計を使用してアーチファクトが測定されました。その後、BTSはSensofar-Tech, S.L.において、位相シフト干渉法モードまたはイメージング共焦点顕微鏡モードのどちらかで動作するS-neox-type干渉計を使用して測定されました。システムキャリブレーションの影響を取り除くため、サンプルシフティングと測定減算を特長とする方法が使用されました。BTSは、8つの脂質二重層ステップを特長とし、それぞれが平均で4.6 ± 0.1 nm高です。2つの研究所で異なる4人のオペレーターが実施した30測定すべてが0.1 nm内で一致し、これは論理推定値とも整合するもので、表面プラズモン共鳴テクニックを使用した測定とも一致します。ラウンドロビン結果は、3D光学形状測定装置をキャリブレーションするために新規開発されたバイオイメージングトランスファ標準の適用可能性を示します。

要約および発表の正確な場所は、SPIEのスマートフォン会議アプリを使用してご覧いただけます。